Go To Travel キャンペーン攻略

2020年7月22日(水)から実施されるGo To Travel キャンペーンを利用したおすすめの国内旅行(ツアー・宿泊先、観光地)をリストアップ!コロナ対策をキチンとして、この機会に羽を伸ばそう!

Go To Travel キャンペーン攻略

【コロナ禍】GoToキャンペーンは悪くない。批判するのは間違いな理由

f:id:harahetty:20200725074059p:plain

コロナ禍による観光業への打撃を受け、地域の再活性化を目的とした1.1兆円の予算で実施される『Go Toトラベルキャンペーン』。

明確なシナリオやビジョンも無いまま「今じゃない」なんて当たり障りのない“逃げの発言”しか出来ないメディアと、それに同意するしか能が無い大衆で溢れ返っています。

Go Toキャンペーンは悪くない

『Go Toトラベルキャンペーン』は、一度感染が収束した「緊急事態宣言」の解除が発令された後に発表されましたが、実施前に第2波が来ていた状況を察するにキャンペーンを行うにしろ行わないにしろ、今後の感染拡大は避けられない問題かと思われます。延期や中止になっていたとしても、別の要因で感染が拡大する事は目に見えています。

 

メディアに釣られ、SNS上では「今じゃない」「税金は医療事業に回せ」「観光業に直接支援しろ」等、批判の声も多く上がっていますが、上澄みの情報だけを拾って意見するのは小学生にでも出来る。匿名で批判するのは簡単だ。首を傾げる事は多々あるが国の為、顔も名前も出しながら罵声を浴びつつも試行錯誤している政府の方が余っ程応援したい。

個人的には『Go Toトラベルキャンペーン』には賛成です。

批判1「今じゃない」

自粛をすれば感染拡大は抑えられる。が、いつまで自粛を続ければ良いのだろうか。全国民がロボットでもない限り感染を根絶する事は出来ない。「ワクチンが出来るまで」なんて、自粛していたら日本は無残な姿と化しているだろう。

「今じゃない」と、現状から逃げていても経済は崩壊していく一方だ。タイミングを見計らった後に「今」が来たとして、その時はまた別の理由で批判が殺到するのは目に見えている。

 

こうなった以上、どう転んでもリスクなくして得られるものはない。政府も批判を恐れていては国を前に動かす事は出来ない。これからの時代の“新しい生活様式”を受け入れ、チャレンジしていく事が重要だ。

批判2「税金は医療事業に回せ」

これに関しては「誰かを助ける為に誰かを見捨てろ」と言っているようなものです。観光業も売り上げが9割以上減少している地域もあり、大幅な赤字や借金などSNSでボヤいている状況ではないくらいに困窮している人が沢山います。その経営悪化の状況を鑑みず「Go Toキャンペーンを打ち切れ」なんて、観光業の人からしたら死刑宣告そのもの。

勿論、医療事業への支援が必要なのも分かりますが、何かを犠牲にして何かを助けろって発言は宜しくないですよね。「もっと医療事業にも支援しろ」で十分かと。

批判3「観光業に直接支援しろ」

実際に支援金を送ったとして、いつ収束するか分からないこの状況でいつまで支援金を送ればいいのか。国の支援も無限ではありません。観光業としては支援金を貰って現状維持が出来たとしても最終的には観光客が戻って来ない事には再活性化とは言えません。

 

新しい生活様式“withコロナ”

「withコロナ」と云ったように、今後は従来と打って変わってコロナの感染リスクが常にある状況と考えた上で仕事も娯楽も日常生活を送らなくてはならないものと考えられます。

天災に於いては命ある者全てが被害者です。未だに悲劇のヒロインを演じている方も多く見られますが、辛い現状なのはアナタだけではありません。状況を整理して新しい時代に適応する必要があります。

新型コロナウイルス感染拡大のリスク

新型コロナウイルス(COVID-19)は日本での致死率は比較的低く、インフルエンザや経済的破綻による自殺者と比べても圧倒的に少ない事が最近になってデータ化されるようになってきました。これを踏まえ、何を優先すべきかは容易に分かる事だと思います。

 

新型コロナウイルスの脅威は感染力や症状でもなく、マスゴミによる大袈裟な報道が災厄とも言える状況です。ニュースが増えればメリットになる報道側に対して、その他の事業はデメリットが膨れ上がります。

自粛を永遠に続けていれば感染拡大を防ぐ事は可能ですが、それでは国が終わるのが実状です。

まとめ

『Go Toトラベルキャンペーン』を批判している人はキャンペーンがあってもなくても旅行に行かない人や経済が分かっていない未成年と、好感度を集めたい著名人や富裕層だけ。メディアを始めとした印象操作や大衆心理による錯覚が満映しているのが日本特有の脆弱な部分です。

 

大半の経営者や社会人はコロナの感染拡大より経済を回さなくてはならない事を痛感しています。もっと他に良い税金の使い道や施策はあるかもしれませんが、郷に入れば郷に従えです。決定した事に批判するだけではなく、今どうあるべきかを各々考える事が必要です。

経済を回す事と感染を抑える事は二者択一とも言えるので正解は無い問題かと思いますが、個人的には前者を優先する事が日本の未来の為に正しい選択と私は考えます。

 

▼『Go Toトラベルキャンペーン』の詳細はこちら